笑顔でアプローチすると婚活がスムーズに行く理由(婚活だけでなく人生も大きく変わる!)

「緊張のせいで表情が固くなってしまう。」
「相手から怒っているように見られてしまう。」
「好感を持たれる表情の作り方がわからない。」

まっつんは婚活をしていたとき、無表情になりがちでした。しかし、失敗続きで、このままではいけないと決意してから”笑顔”を意識するようになってから相手の反応や印象が変わったと感じています。

今回は、同じような悩みを持つ人のためにまとめました。

笑顔を作るべき5つの理由

結婚相談所や婚活サイト、婚活パーティーなど出会いの種類を問わず、どの婚活でも相手とは、”1度きり”の勝負です。

だからこそ、たとえ緊張していても”無表情”だけは避けなければいけません。
無表情で相手から好印象を勝ち取ることはできないからです。

今回は笑顔を作るべき理由5つについて解説します。

① 笑顔は受け入れのシグナル

あなたが婚活相手に話しかけているとき、相手が笑顔を見せてくれなかったら、あなたはどのように感じるでしょうか?おそらく「(俺は)避けられている。」「つまらなそう…。」と感じるはずです。間違っても好印象を持つことはないでしょう。

まっつんは、婚活のとき、相手の表情やしぐさにかなり敏感になっていました。

ちなみに、初対面の外見でいちばん注目するのは”表情”で、とくに眉間にシワでも寄せていようものなら「私に話しかけないで!」と壁を作っているように感じます。それなのに、本当は相手に好意を持っているのに、緊張のあまり「近寄らないで!」のオーラを発していたら、もったいないですよね。

だからこそ「あなたとお話したいです。」のシグナルを相手に受け取ってもらうため、無表情ではなく”笑顔”を作ることが、婚活を成功させるうえで重要なポイントになってくるというわけです。

② 相手の不安を和らげる

「俺(私)を見て、どのように思っているかな?」
「怖い人じゃないかな?」

誰しも初対面の人に対して無意識に警戒心を持ちますよね。
会ったことのない相手なので、本能的に身構えてしまうのは仕方ありません。

むしろ、警戒心をお互いに持っているからこそ、お見合いの待ち合わせなどで、相手から笑顔で挨拶されると、単純なまっつんは、安心感とともに相手への好感度はグングン上がっていました。

もしも、ココで無表情だったらどうでしょうか?
相手は不安になるのではないでしょううか?

初対面が怖い・不安・緊張するというのはあなただけではありません。相手も同じ気持ちでいることを忘れないでくださいね。

③ 笑顔には笑顔で返ってきやすい

あくびが自然と他人に伝染るように”笑顔”もまわりに伝染します。

まっつんの会社でも、笑顔の多い人には、自然と人が集まっていますし、そのまわりの人も笑顔になっています。輪の中心にいる人は、けっして面白いことを言っているわけではないのに不思議ですよね。

婚活でも、同じことが言えます。

相手の笑顔に反射的に反応してしまうのは「偏桃体」が笑顔を感じているから。そのため、あなたが笑顔で話しかけると、無意識に笑顔で返してくれるわけなんですね。

④ 笑顔でいると楽しくなる

本心から楽しいと思っていなくても、笑顔でいると本当に楽しいと思えてきます。

これを実証したとある実験を紹介します。

Aさん…ペンを唇でくわえる
Bさん…ペンを左右の奥歯でペンを噛む

を行いました。

Bさんの場合、まるで笑顔のような状態(作り笑顔のような状態)になっています。このとき、AさんとBさんがさまざまな漫画を読んだ結果、どのくらい面白いと感じたかというと…Bさんのほうが「より面白い」と感じたそうです。

面白い実験結果ですよね。

じつは、表情筋は「偏桃体」に作用するという論文もあるくらいで、たとえ本心から笑顔を作っていなくても、笑顔でいるだけで「楽しい」と感じやすくなるのです。

婚活では、一緒にいて”楽しかった””もう一度会ってみようかな”と相手に思ってもらえるよう頑張っているわけですよね。相手に楽しいと思ってもらうためには、まずは、あなた自身が楽しむこと。そして、相手にも楽しさを伝染させるようにする。

つまり、婚活では、あなたの方から率先して笑顔でいることが、重要だと言えます。

⑤ 笑顔は婚活を有利にする

笑顔は好印象を得るための手段だけでは終わりません。

NTT西日本・オムロン・吉本興業・近畿大学医学部のドリームチームとも言える共同研究で男女20名に対して、実験を行いました。

2週間間隔で喜劇や漫才などを見た結果、次のようなことがわかったそうです。

男性…「緊張・不安・怒り・敵意」が改善
女性…「混乱」が改善

※心から笑った方がより効果あり

婚活であなたが婚活の敵と考えている”緊張”や”不安”、”混乱”などの感情が笑いによって改善されていくのです。なおさら、無表情から脱却したほうがメリットが大きいですよね。

婚活で意識すべき笑顔の作り方3つ

婚活で笑顔が必要なことがわかったところで、婚活で勝てる笑顔の作り方について、3つ紹介していきます。

① 笑顔に変化をつける

日本心理学会大会発表で発表された「基本6表情の変化が印象に与える影響」(益子行弘氏、齋藤美穂氏)は、早稲田大学の学生280人(男女各140名)に対し、Ekman氏が提唱した6つの表情(怒り・嫌悪・恐怖・喜び・悲しみ・驚き)に”真顔”を加えた写真を見せる実験を行いました。

その結果、笑顔の相手に好感度を持つとの実験結果が出ています。

さらに…

真顔 ⇒ 笑顔 好感度UP
怒り ⇒ 真顔 好感度Down

このように、いつもニコニコ笑顔をするよりも、真顔から笑顔に変化させることによって、より相手への好感度が高くなる結果が出ています。

② いつも笑顔は避ける

「基本6表情の変化が印象に与える影響」(益子行弘氏、齋藤美穂氏)から、笑顔が好印象を与えるといってもいつも笑顔なのはNGです。

とくに、男性陣が気を付けなければいけないのは、とある研究で「女性は、初対面などの男性の笑顔を見て、警戒する要因のひとつになる」との結果が出ています。

これを見たとき、まっつんは、学生時代を思い出しました。

まっつんの同級生に、いつもニコニコしていた子がいたのですが、女性からは”ニヤニヤした顔”とあまり評判が良くなかったんですよね。

いつも笑顔でいるより、”自然に笑顔を出すこと”を意識したほうが効果的です。

③ 笑顔の練習を行う

「婚活では、笑顔が好印象を与える武器になる。よし!明日の婚活では、笑顔を意識するぞ!」

ぶっつけ本番でチャレンジしようとする人、ちょっと待ってください!過去に失敗したまっつんから言わせてもらうと、いきなりの本番で、成功する確率は…0%です。

実体験なので間違いないです!

笑顔の練習していないから、いざ本番になると余裕がないから「笑顔をするぞ!」と意識していても、ぜったいに忘れます^^;何度、失敗したことか…。

youtubeなどには、笑顔の作り方や練習方法はいくらでも転がっています。何度も、鏡を見て練習しましょう。

ちなみに、まっつんはスマホで写真を撮ったり、動画に撮ったりして何度も練習しました。初日、頬が痛くなったので「どれだけ、表情筋を使っていなかったんだよ…。」と痛感させられたことを今でも覚えています。

まとめ

笑顔は免疫力を上げるともいわれ、健康にも効果的というデータもあります。また人間関係においてもビジネスにおいても重要な役割を担っています。

そのことを考えると婚活だけでなく、笑顔ができなければ、人生を損してしまうといっても過言ではないかもしれませんね。

ちなみに、笑顔は慣れないうちは”作り笑顔”でもOK!それでも効果を引き出します。