一般診断は3年に1度、受診する必要があるの?

事業者からの問い合わせの中で多いもののひとつがタイトルの「一般診断は3年に1度、受診する義務があるのですか?」といった質問です。

この質問、本当に多いですね。

とくに安全意識の高い管理者さんからの問い合わせが多いです。では、じっさいはどのようなルールになっているのでしょうか?

1.一般診断は任意

一般診断は3年に1度、受診しなければいけないのか?についてですが、答えを言うと「必要ない」です。

一般診断は、義務ではありません。あくまでも任意なので、受診してもしなくても問題ないということになります。

そもそも、なぜ、管理者が口々に「3年に1度、受診させる必要がある」と思っているのかというと、以前、国が一般診断をなるべく受診するように…と、努力義務の通達を出したからなんです。

だから、トラック協会や自動車事故対策機構が「3年に1度受診してくださいね。」と、当時、案内していたというわけなんです。

2.乗務員全体の安全会議での活用が以前より少なくなった?

通達で受診が努力義務ということもあったのですが、それ以外にも理由はあります。その一つが、1年にかならず実施しなければいけない”乗務員全員の安全会議”に使用していたからなんです。

指導監督指針は現在12項目ありますが「⑨運転者の運転適性に応じた安全運転」では、主に診断結果を活用することになていたんです。

けれど、今はデジタコが普及しています。なので、デジタコを活用して運転の癖を伝えても問題ないんですよね。

デジタコの普及が、トラック協会や自動車事故対策機構が一般診断のプッシュが和らいだ理由のひとつかなと個人的に思っています。

3.大手運送会社の多くは一般診断を活用している

…とはいえ、自分の気づかなかった運転の癖を振り返ったり、知るきっかけを作ることができる一般診断を活用している事業者は多いです。

また、独自の取り組み以外にもGマークの書類審査の評価基準になっているため、従業員に定期的に受診させている運送会社も多いですね。

1部上場している大手運送会社では、3年に1度、一般診断を受診しているところがいまでも多いことを考えれば、やはり一般診断はいまでも有効だということでしょう。

義務ではなくから、無駄というわけではなく、安全運転のために定期的に受診することをお勧めします。

4.助成金が出るから受診しやすい

トラック協会の会員事業所であれば、ほとんどの都道府県で一般診断の受診料が”無料”のケースが多いです。

有料なら戸惑う運送会社もあると思いますが、無料なら実施してもいいですよね!