トラックの事故記録簿の様式のダウンロード方法と保存期間についてまとめてみた!

もしも、あなたの会社のトラックが交通事故に合ってしまったら…事故記録の作成と保管をしなければいけません。では、どのように作成すればいいのでしょうか?

今回は、トラックの事故記録簿の様式のダウンロード方法と保存期間についてまとめてみたので、参考にしてみてくださいね。

1.どのような事故が対象になる?

事故と言っても様々ありますが、運送会社が法律上、かならず記録保存しなければいけない事故は「道路交通法67条第2項に規定する交通事故」や自動車事故報告規則第2条に規定する事故のときになります。

つまり、トラックが公道で人の死傷または物損事故を起こしたり、重大事故を起こしたときは、かならず事故記録を作成・保存しておく必要があるというわけなんですね。

しかも、ただ、記録すればいいというわけではありません。法律上、定められた必要な項目を満たした様式でなければいけないことになっています。

2.事故記録に必要な項目とは?

もしも、事故が起きてしまったら「事故記録簿」を作成する必要がありますが、法律上、次の項目を満たしておかなければいけません。

(必要記録事項)
①乗務員の氏名
②自動車登録番号その他の当該事業用自動車を識別できる表示
③事故の発生日時
④事故の発生場所
※当該場所付近の地図に当該場所を表示したものを添付することで足りる。
⑤事故の当事者(乗務員を除く)の氏名
⑥事故の概要(損害の程度を含む)
※自動車事故報告規則様式の「当時の状況」「事故の種類」「道路等の状況」「当時の運行計画」及び「損害の程度」を記録することで足りる。
⑦事故の原因
⑧再発防止対策

事故記録に必要な項目が抜けていると巡回指導や行政監査で指摘されるので、かならずすべて項目を満たした様式を使用しましょう。

なお、様式については、自社で作成するのもいいのですが、長野県トラック協会が公開している「事故記録簿」を使用することをオススメします。

長野県トラック協会ホームページ

↑のページに帳票類が公開されていますが、「各種帳票類」の中に「事故記録簿」があるので、それを選択しましょう。

公開されているのは「EXCEL」バージョンになっています。必要な項目がすべてありますので、安心して利用できるのがいいですね。

3.いつまでに記録しなければいけないの?

「事故記録簿」は、事故が発生してから30日以内に作成することが義務付けられています。

4.記録の保存期間はどのくらいなの?

「事故記録簿」 の保存期間は、事故発生後の3年間と定められているので、ファイルなどに綴じておくのが無難です。

5.まとめ

無事故が続いていたところ、突然、起きてしまうのが事故です。しかも、一度、事故が起きてしまうと連続して発生してしまう恐れがあります。

だからこそ、事故記録簿で当時の状況をまとめ、乗務員で情報を共有したり、本人にどうして事故が起きてしまったのか、また、どのようにしたら、同じ事故が起きないようにするのか、考えさせて、同じような事故が発生しないようにしたいところです。