運行管理者の補助者は複数の営業所を兼任することは可能なの?

複数の営業所を持っている運送会社の中には、人材不足の影響から「運行管理者の補助者を複数、兼任することはできないだろうか?」と考えているところがチラホラあります。

そこで今回は「運行管理者の補助者は複数の営業所を兼任することは可能かどうか」について紹介していきますので参考にしてくださいね。

1.補助者が必要不可欠なことも!

運行管理者は点呼執行をしなければいけませんが、ときに運行管理者が運転をしなければいけない状況もありますよね。または早朝・深夜の運行や長距離輸送などがある場合などでは、運行管理者がひとりで点呼執行することは難しいです。

だから、このようなときは、どうしても運行管理者補助者が必要になってきます。

…とはいえ、運行管理者補助者を選任しようとしたとき、いまの制度では、ただ「信頼できるから」という理由で選任することはできません。

運行管理者の資格者証を持ったもの、もしくは基礎講習を受講したものしか行えない現実があります。

2.人材不足のトラック運送業界

さらに、追い討ちをかけるように、人材不足で苦しむトラック運送業界は、各営業所に運行管理者補助者を選任できるほど、人員に余裕がありません。

だから、複数営業所を持つ運送会社の中には「運行管理者補助者として2つの営業所を兼任してほしい」と考えているところもあるのではないでしょうか?

ただ、2つ以上の複数の営業所を兼任することは法律上問題ないのか、この点が気になるところだと思います。

3.運行管理者が他営業所の補助者にはなれない

兼任させようとしたとき、真っ先に考えるのは「すでに運行管理者に選任させている者を別の営業所の運行管理者補助者に選任する」ことだと思います。

たとえば『本社営業所の運行管理者である田中さんをA営業所の運行管理者補助者に選任する』といった感じですね。

しかし、残念ながら、すでに運行管理者に選任されている人を他営業所の運行管理者 補助者に選任することはNGなんです。

4.運行管理者補助者であれば他営業所の補助者になれる

複数の営業所で運行管理を兼務することはできないのでしょうか?

じつは、どこの営業所にも運行管理者に選任されておらず、かつ運行管理者補助者の資格要件を持つ者だったら、兼任してもOKになります。

たとえて言うならば『本社営業所の運行管理者補助者の田中さんを他営業所の運行管理者補助者に選任する』といった感じですね。

つまり、運行管理者の補助者としての兼任だったら、なにも問題ないというわけなんです。

まとめ

点呼執行について、年々、厳しくなっているからこそ、巡回指導や行政監査において、運行管理者一人で管理していると、運行管理者補助者を選任するよう指摘されたり、矛盾点をつかれて、改善を求められることになってしまいます。

もしも、いまの運行管理体制で不十分な場合で、かつ複数の営業所を管理し、近距離であれば、運行管理者補助者を複数の営業所で兼任させるのもいいかもしれません。

じっさいに、この方法を使用している運送会社は、意外とあります。