高齢運転者を新たに雇い入れたけれど特別な指導はどうしたらいいの?

トラック運転手離れが進んだため、求人募集をしても若い年齢層の乗務員が応募してくることが稀になってきました。

それよりも60歳前後の高齢運転者からの応募が以前よりも増えているのが現状です。

いままで65歳以上のドライバーは避けていた運送会社も人材不足で雇わざるを得ない状況に追い込まれ、はじめて高年齢運転者を雇用したという運送会社もあるほどです。

ただ、新たに高齢運転者を雇い入れたのはいいけれど、新たに雇い入れた乗務員でもある彼らにはどのような教育をすればいいのでしょうか?

1.高齢者教育は基本

①運転記録証明書
②適齢診断
③高齢者運転者に対する特別な指導

新たに雇い入れた高齢運転者の場合、運転記録証明書を取得するとともに”適齢診断”を受診する必要がありますよね。

その適齢診断を受診したのち、まずは、適齢診断の結果をもとに”高齢者の特別な指導”を実施するのが基本になります。

適齢診断⇒高齢運転者に対する特別な指導

適性診断から教育までの流れは、いままで在籍した65歳以上の高齢運転者と変わりません。

2.忘れがちな初任運転者教育

65歳以上の高齢運転者を雇い入れる場合は、先ほど紹介した①~③の教育を行うのですが、ここで注意しておきたいことがあります。

仮に、その65歳以上の高齢運転者が、緑ナンバーのトラックに乗務したことがない未経験者。もしくは、3年以上ブランクがある方だった場合、”初任運転者教育”も併せてしなければいけないことになります。

つまり…

・国土交通省告示の初任運転者教育…15時間以上
・安全運転の実技(添乗教育)…20時間以上

をしなければいけないことになります。

3.混乱しないように!

65歳以上で新しい運送会社に就職したとき、適性診断は、初任診断と適齢診断、両方を受診する必要はないのですが、社内教育は、条件を満たした場合、両方必要になってくるんですね。

65歳以上でトラック運転が未経験という応募者を採用するケースは稀だと思います。しかし、白ナンバーのトラックを運転していて、今回、あなたの運送会社に就職した場合、緑ナンバーのトラックを乗務するのは、3年以上ぶり…というケースはあり得ます。

そのようなとき、初任運転者教育の実施も併せて行うことを忘れないようにしておきましょう。

まとめ!

トラック運送業界に働いている人の平均年齢は40歳以上。これからも平均年齢は高くなっていくことでしょう。

今後、トラック運送業界の若者離れが進めば、さらなる高齢化が進み、65歳以上の高齢運転者を雇い入れるケースが増えてくるかもしれません。

もしも、あなたの運送会社も雇い入れる機会があれば、今回の内容を思い出していただければと思います。